search img
治験用包装ライン - Stevanato Group
非常にコンパクトな設置面積で、マルチフォーマットのプレゼンテーションで治験用サンプルをパッケージングできる製品ライン
Home - Stevanato Group > Offering - Stevanato Group > 二次包装 - Stevanato Group > ケーススタディ - Stevanato Group > 治験用包装ライン - Stevanato Group
page-wrapper

チャレンジ

あるヨーロッパのお客様は、Stevanato Groupに、非常にコンパクトな設置面積で多品種フォーマット仕様で治験サンプルをパッケージングできる製品ラインの構成とインストールを依頼しました。

お客様は、カートリッジ、バイアル、注射器にラベルを貼り、それらの要素をアクセサリや説明書とともに数カートンのプレゼンテーションに配置できるラインを必要としていました。このお客様は、完全なシリアル化、集約、および調整機能も実装する必要がありました。

システムの主なメリット:

  • 3つの異なる事前充填された一次ガラス容器を処理する単一ライン
  • 148種類の製品の組み合わせの処理可能
  • 柔軟性:最小のボリューム(1ロットの概念)に対応
  • 迅速でシンプル、自動化されたサイズ交換:最後の良品から最初の良品生産まで20分
  • 完全に組み込まれたシリアル化、集約、調整
  • リモートでの監視と制御
  • データの接続性と整合

Highlights on the layout

Layout_Packaging_Clinical
Layout_Packaging_Clinical
Interested in 治験用包装ライン?
Submit your request