Stevanato Group、米国新工場の建設を開始 - Stevanato Group
search img
Stevanato Group、米国新工場の建設を開始 - Stevanato Group
Home - Stevanato Group > News & Events - Stevanato Group > Press Releases - Stevanato Group > Stevanato Group、米国新工場の建設を開始 - Stevanato Group
page-wrapper

10月, 04 2021

Stevanato Group、米国新工場の建設を開始

2021年10月フィッシャーズ工場(インディアナ州)の建設を開始、2023年の完成を目指す
最新の製造設備を導入し、北米製薬企業への対応を強化

2021年10月[4]日、ピオンビーノ・デーゼ(イタリア)- 製薬、バイオテクノロジー、ライフサイエンス、ドラッグデリバリー、診断薬用各種コンポーネントのグローバルメーカーであるStevanato Groupは、今月インディアナ州フィッシャーズに北米新工場の建設に着手すると発表しました。2023年の操業開始予定。北米製薬企業にこれまで以上にミッションクリティカル(不可欠)な製品キャパシティの増加により、同社の顧客サービス向上を図ります。
同社は、製造施設の建設および設備に最大[1億5000万]ドルの投資を見込んでいます。最大370,000平方フィート(112,776平方メートル)の本工場は、医薬品用滅菌済み医薬品包装資材である同社EZ-Fill®ソリューションの拡大・生産をサポートします。この施設には、EZ-Fill®シリンジ、バイアル製造用の、高度プロセス技術が搭載された最新の生産ラインが設置されます。EZ-Fill®ソリューションは、市場投入までの時間を短縮、総コストの削減そしてサプライチェーンのリスクを低減し、製薬会社に多大なメリットをもたらします。
さらに、同施設では米国のエンジニアリング顧客向けに、目視検査・アッセンブリ・パッケージング機器の技術サポートやメンテナンスを行うアフターセールスサポートセンターを設置し、サービス強化を図ります。
フィッシャーズ新工場は、設計・開発から商品化までの一貫したアプローチによる顧客へのサービス提供を可能にし、同社の北米での事業基盤を強化するものです。そのアプローチは、ボストンのテクノロジー・エクセレンス・センターの科学分析、真値を追求する薬物コンテインメント・ソリューションであるインディアナのEZ-Fill®ハブ、そしてカリフォルニアのデバイス製造施設の能力を結集させて実現します。
9月23日、フィッシャーズにおいて、エリック・J・ホルコム・インディアナ州知事、スコット・ファドネス・フィッシャーズ市長をはじめとする地元関係者の出席のもと、新工場の起工式が行われました。
「インディアナ州は、ライフサイエンス分野で驚異的な成長を遂げており、この度はStevanato Groupと提携、同社が州のイノベーティブ・ライフサイエンス企業のリストにその名を連ねることになり嬉しく思います」「ライフ・サイエンス・イノベーションのハイテク・ハブとして、インディアナ州およびフィッシャーズは、繁栄するビジネス環境を確保し、企業の更なる成長・革新性の維持、コミュニティに有用性をもたらすことができるよう尽力しています」起工式にてエリック・J・ホルコム知事はこのように述べています。
「アメリカで新しいハブ建設が始まり、需要が急増している急成長市場である北米での弊社の存在感を高める機会を得たことに大変うれしく思います。これを契機に、北米のお客様へのサービスをさらに充実させ、サプライチェーンセキュリティ、ジャストインタイムデリバリー、サージキャパシティでは信頼性の高い人材の確保を実現したいと考えています」「フィッシャーズ・コミュニティに名を連ねることができ光栄です。この功績は当社にとっても喜ばしいことであり、今後も米国および世界中のお客様が安全かつ効果的な患者向け医療対策(治療法)を提供できるよう努力いたします」-フランコ・モーロ、Stevanato Group CEO
同社施設はフィッシャーズに新設される医薬品・ライフサイエンスパークの一端を担い、生産、エンジニアリング、メンテナンス、その他企業支援などの業務において2025年までに230人以上の現地従業員の新規雇用を予定しています。


Stevanato Groupについて

1949年設立、Stevanato Groupは製薬、バイオテクノロジー、ライフサイエンス業界用薬物コンテインメント、ドラッグデリバリー、診断薬を取り扱う大手グローバルメーカーです。当社は開発、臨床、商業の各場面において、医薬品のライフサイクル全体にわたる顧客のニーズに応える製品、プロセス、サービスが統合されたエンドツーエンドのポートフォリオを提供しています。科学研究開発、技術革新への取り組み、卓越したエンジニアリングの能力を核として、クライアントに付加価値のあるソリューションをお届けしています。
詳細についてはこちらをご覧ください
www.stevanatogroup.com

 

メディア窓口(問い合わせ先)

Stevanato Group – media@stevanatogroup.com

Investor Contact - Lisa Miles - lisa.miles@stevanatogroup.com

将来の見通しに関する記述

本プレスリリースには将来見通しに関する記述が含まれている場合があります。これらの将来見通しに関する記述の一部には、「期待する」、「予想する」、「意図する」、「計画する」、「見積もる」、「目指す」、「予測する」、「企画する」、「目標とする」などの言葉(またはその否定形)が用いられています。この記述は特に当社の業績、財務状況、流動性、見通し、成長、戦略、および、当業界に関する当社の意図、信念、現在の期待、懸念などについて述べています。今回のプレスリリース記載の記述は、当社の現在および将来的な事業戦略や事業環境に関する多くの前提に基づいたものです。この記述は、将来発生する可能性のある事象に関連し、または発生しない可能性のある状況に依存するため、既知および未知のリスク、不確実性、偶発性を内在しており、当社の実際の業績、パフォーマンス、または成果が、当該記述によって明示的または黙示的に示されたものとは異なる可能性があります。これらのリスクおよび不確実性の多くは、将来の市場環境、為替変動、他の市場参加者の情勢、規制当局による法令、そのほか、流動性ニーズを満たすための資金調達を継続的に行う能力、当社が事業を行う政治的、社会的、規制的な枠組みの変化、または経済的もしくは技術的な傾向や状況など、当社が制御または正確な判断ができない要因によるものです。特に、米国資本市場の状況、世界経済状況の悪化、当社の事業悪化の可能性、規制上の不都合な展開など、多くの潜在的な重要要因により、現在想定している期間内には新規株式公開を実施しない、または実施取りやめの決定をすることもあります。したがって当記述を目にする関係者各位におかれましては、これらの内容、特に契約や投資の決定に関連するものに過度な信頼は控えていただきたいと存じます。法律上の義務以外において当社は当該記述を更新する義務を負わないものとします。

Press contacts

Finsbury Glover Hering
U.S. Lead
Kal Goldberg
Ph: +1.917.741.1013
U.S. Lead
Rowley Hudson
Ph: +1 917 751 3889
Europe Lead
Ed Simpkins
Ph: +44.7947.740.551

Press contacts

Finsbury Glover Hering