Governance - Stevanato Group
search img
Governance - Stevanato Group
Home - Stevanato Group > About - Stevanato Group > Governance - Stevanato Group
page-wrapper

Governance

Franco Moro氏は、Stevanato GroupのCEO(最高経営責任者)であり、製薬会社および医療機関向けのエンドツーエンドの製品を拡大および強化するための事業開発計画の実施を統括しています。

Franco Stevanato氏は取締役会長であり、長期的な事業戦略、買収、グローバル市場への拡大、および取締役会との関係について責任を負っています。Marco Stevanato氏は取締役副会長であり、彼の父親であるSergio Stevanato氏は名誉会長に任命されました。

Stevanato Groupは、その歴史および遺産に誇りを持っています。
Stevanato familyによる事業への密接な取り組みが基盤となり、事業拡大を可能にしてきました。
ビジネスの複雑さが増していることを常に理解し、業界と共に発展してきました。
グループの成長に伴い、構造的かつ経験豊富なインターナショナルマネジメントチームが構築されました。

Stevanato Groupは、その歴史および遺産に誇りを持っています。
Stevanato familyによる事業への密接な取り組みが基盤となり、事業拡大を可能にしてきました。
ビジネスの複雑さが増していることを常に理解し、業界と共に発展してきました。
グループの成長に伴い、構造的かつ経験豊富なインターナショナルマネジメントチームが構築されました。

取締役

さらに、Stevanato Groupは、プロパティをオペレーティング活動から分離することにより、グループの適切な管理を目的とするルール設定をコーポレート・ガバナンスとして採用しています。 

グループ運営の重要事項は年4回の取締役会により厳重なプロセスを経て決定されます。

取締役会は、取締役と執行役員、社外取締役で構成されています。

取締役会の承認を必要とする年間(複数年)計画はグループ運営委員会にて策定されています。

CEOが主導し、グループ全体の企画・運営活動を統括します。

2017年、医薬品業界の専門家2名がStevanato Groupの諮問委員として参加しました
Donald E.Morel (West Pharmaceutical Services, Inc.の前会長兼最高経営責任者) とMadhavan Balachandran (Amgen Inc.の前副社長兼最高経営責任者) が経営陣に加わり、グループビジョンに関連する戦略的トピックスについてCEOをサポートしています。年3回のミーティングでは、ビジネスチャンス、製品ポートフォリオ戦略、および地域的成長に関してアドバイスを提供します。

グループで共有する価値観やルールを確立し、メンバーはそれに従います。また、ステークホルダーの関心を最大限考慮しながら、当グループの目標達成に向けて経営を行っております。

Cav Sergio Stevanato Photo
Cav Sergio Stevanato Photo
Sergio Stevanato
Chairman of the Board Emeritus
+ バイオ - 経歴を隠す

1943年にメスト (ヴェネツィア) で生まれたSergio Stevanatoは1969年にフェラーラ大学法学部を卒業。高校時代から父親であり創業者のGiovanni Stevanato氏が設立した会社で夏休みを過ごし、大学時代には会社活動に積極的に参加。卒業後すぐに経営者として会社をリードし、父親は技術責任者として彼をサポートしました。2007年にはKnight of Labor (カヴァリエーレ・デル・ラヴォロ)に任命され、現在はStevanato Groupの名誉会長に就いています。

stevanato_franco
stevanato_franco
Franco Stevanato
Executive Chairman of the Board
+ バイオ - 経歴を隠す

1973年にメスト (ヴェネツィア) で生まれたFranco Stevanatoは1998年にトリエステ大学で政治学を卒業。大学時代にはフランスのSaint Gobain社およびStevanato Groupの営業部門にて業務経験を積み、卒業後は本格的にStevanato Groupの営業全般のビジネスに携わりました。        販売部門の責任者としてさらなるグローバル化、マネジメントプロセスの可視化およびプロダクトポートフォリオの多様化を促進。また、グループ運営に関する厳格な規律を確立し、Stevanato Groupのコーポレート・ガバナンス構築に貢献しました。2010年から2020年までCEO職を経験し、2021年からは、Stevanato Group取締役会長(Executive Chairman of the Board)に就いています。

marco stevanato photo
marco stevanato  photo
Marco Stevanato
Vice-Chairman of the Board
+ バイオ - 経歴を隠す

1972年にメスト (ヴェネツィア) で生まれたMarco Stevanatoは、イギリスのシェフィールド大学で一年間を過ごした後、トリエステ大学のビジネス経済学を卒業。
卒業後、ドイツの多国籍企業の財務管理部にて勤務。ドイツ、ベルギー、アメリカでの業務経験を積んだ後、1999年にStevanato Groupに入社。
StevanatoGroupでは、物流、管理、およびIT分野の責任者としてグループを管理。2006年からGeneral Operations Managerを務め、後に取締役副会長(Vice-Chairman of the Board)に就任。Stevanato Groupにおける全てのグローバルプロジェクトを管理している。輸出量の多い国と地域に営業所や生産工場を配置する事で迅速に市場へ供給する戦略を確立。各地域の供給ニーズをカバーする事に成功。Monterrey工場 (メキシコ) とZhangjiagang工場 (中国) の設立に関するすべての業務管理を担当しました。

moro_franco
moro_franco
Franco Moro
CEO-COO
+ バイオ - 経歴を隠す

Franco Moroは現在、Stevanato GroupのCEO(Chief Executive Officer)およびCOO(Chief Operating Officer)です。SDA BocconiのMBA、パドヴァ大学で化学工学の学位を取得。製薬企業を中心に、グローバルカンパニーの経営管理に30年以上従事。これまでFIS – Fabbrica Italiana Sintetici社、Cambrex Profarmaco Milan社の工場長を務め、2010年にFIS – Fabbrica Italiana Sintetici社のCEOに就任し、8年間その役職を歴任しました。

Fabiano Nicoletti Photo
Fabiano Nicoletti Photo
Fabiano Nicoletti
Independent Director
+ バイオ - 経歴を隠す

1943年にベニスで生まれたファビアーノ・ニコレッティは、パドヴァ大学の固体物理学を卒業。ヴェネツィアのStazione Sperimentale del Vetro (イタリア国立ガラス研究所)で40年以上勤務。
長年に渡り様々な国際委員会やワーキンググループの要職を歴任。   

      
One of the Founders and President :
European Society of Glass Science
and Technology President

Honorary President :
Union Scientifique of the International Comission on Glass

Fabrizio Bonanni Photo
Fabrizio Bonanni Photo
Fabrizio Bonanni
Independent Director
+ バイオ - 経歴を隠す

1946年にフィレンツェで生まれたFabrizio Bonanniは、1970年にフィレンツェ大学で化学の優等賞と栄誉賞を授与。商工会議所からフィレンツェ大学の最優秀卒業生として表彰されました。
"Baxter International社で長いキャリアを積み、グローバルレベルの品質、製造、規制に関するリーダーとして様々な役職を歴任した後、同社の副社長に就任。その後、1999年にAmgen社のQuality & Complianceの上級副社長に就任。2013年に引退後、下記組織の代表取締役副社長や執行委員、理事等の要職を歴任。
:Puerto Rico Science, Technology and Research Trust,
:Museum of Contemporary Art of Los Angeles  
:California Science Center Foundation
:Biotechnology Industry Organization
:California Healthcare Institute.

現在はStevanto Groupの役員であると同時に下記企業や組織の取締役を兼任。
:Theranos Inc.,
:Technology Development Corporation of UCLA (University of California at Los Angeles),
:Menarini Biotech
:InCube Labs."

Donald Morel Photo
Donald Morel Photo
Dr. Donald E. Morel
Independent Director
+ バイオ - 経歴を隠す

Dr.Donald E.Morelは、West Pharmaceutical Services, Inc.の会長 兼 CEOを務め、斬新でユニークなドラッグデリバリー技術を開発を指揮しました。また、Catalent, Inc. および Integra Life Science Holdings Corporationの取締役も兼任。

spinazzi alvise photo
spinazzi alvise photo
Alvise Spinazzi
Independent Director
+ バイオ - 経歴を隠す

Alvise Spinazziは1973年にヴェネツィアで生まれ、1997年にパドヴァ大学の法律学部を卒業。ニューヨークのフォーダム大学で国際商取引法の大学院資格と貴重な経験を積んだ後、イタリアと米国の両方で弁護士資格を取得した(ニューヨーク州)。ニューヨークのシンプソン・サッチャー&バートレット法律事務所やミラノのキオメンティ法律事務所で専門的なキャリアを構築。現在は、Padova のSAT-Spinazzi Azzarita Troi 法律事務所の設立者であり、企業法、合併買収、不動産、契約法においてグローバルに活躍している。

buttignon_fabio
buttignon_fabio
Fabio Buttignon
Independent Director
+ バイオ - 経歴を隠す

1959年にベルノで生まれたFabio Buttignonは、ヴェネツィアのカフォスカリ大学で経済学および経営学を学び、1983年に卒業。カリフォルニア大学ロサンゼルス校 (UCLA) で経済学分野でキャリアを積んだ後、カフォスカリ大学の経営学部准教授に就任。
2002年より「ドットーレ・コマーシャリスタ」 「コンティ改訂」 (公認会計士と監査役米国版)などを経て、現在、パドヴァ大学経済学部企業金融学科助教授。また、企業の財務および事業戦略に関するコンサルティング会社社長を兼任。

madhavan balachandran photo
madhavan balachandran photo
Madhavan Balachandran
Independent Director
+ バイオ - 経歴を隠す

Madhavan Balachandran氏は、Amgen Inc.の役員、執行副社長、業務担当副社長、製造担当上級副社長を歴任。現在はStevanato Groupの取締役とCatalent社の取締役を兼任。

Paola Vezzaro photo
Paola Vezzaro photo
Paola Vezzaro
Independent Director
+ バイオ - 経歴を隠す

1993年、ルイージ・ボッコーニ商業大学(イタリア・ミラノ)経営学部を名誉学位にて卒業、その後、ミラノ大学政治学および社会学部を卒業.サクロ・クオーレ・カトリック大学(イタリア・ミラノ)より人事修士号取得.既婚.一流企業多数にて人事部長職を務め、HR(人事)分野において豊富な経験を持つ.2011年Engie(エンジー)に入社、国際的な役職を務めている。2019年7月からは同社、北・南・東ヨーロッパの最高人事責任者および安全衛生責任者(Health & Safety Officer)を務める.

William Federici photo
William Federici photo
William Federici
Independent Director
+ バイオ - 経歴を隠す

ラトガース大学リビングストンカレッジ経済学学士(BA)取得、ラトガース大学よりプロフェッショナル・アカウンティングの経営学修士(MBA)を取得.米国公認会計士協会メンバー. 会計士.米国の上場企業であるスペシャルティ・ファーマシューティカルのジネルバ・ファーマシューティカルズ(Zynerba Pharmaceuticals, Inc.,)取締役を務める.2015年からは監査委員会委員長を務める.主に製薬業界向けの公会計業務に20年以上従事.2003年、最高財務責任者(CFO)としてNYSE(ニューヨーク証券取引所)上場のウエスト・ファーマシューティカル・サービシズ(West Pharmaceutical Services, Inc.)へ入社.2018年同社退社.

stocchi_mauro
stocchi_mauro
Mauro Stocchi
Chief Business Officer
+ バイオ - 経歴を隠す

Mauro Stocchiは2004年からStevanato Groupで勤務。ERPの統合運用管理やEZ-fill 部門の創設、スロバキアのMedical Glass社の買収、メキシコの製造施設におけるグリーンフィールド・プロジェクトの運営といったStevanato Group全体の主要プロジェクトを管理し、事業開発と戦略プロジェクト分野を担当しています。
2008年にはグループのCFOに就任し、事業開発責任者として活躍。2010年より総務・財務・人事・組織・IT・調達分野を管理するコーポレートゼネラル・マネージャーに就任。2017年1月からはStevanato Groupの製薬システム部門のゼネラルマネージャーを務めている。
2019年1月にはCBO(Chief Busibess Officer)として、戦略的事業開発、販売、製品管理、マーケティング&コミュニケーション、ドラッグデリバリー・システム事業を担当。
シーメンス・グループの購買部でキャリアをスタート。さまざまな役職を10年間経験した後、Stevanato Groupに加入。
SDA BocconiのMBA、カフォスカリ大学の経済学部の学位を取得。

Patri_Paolo
Patri_Paolo
Paolo Patri
Chief Technology Officer
+ バイオ - 経歴を隠す

ミラノ大学で化学の学位を取得。医薬品およびバイオテクノロジー分野の製造と開発において20年以上のキャリアを持つ。Cambrex Profarmaco社ではミラノの生産マネージャーを務め、Johnson & Johnsonでは製造部門の上級品質保証マネージャーを務めました。その後、Chiesi Farmaceutici社に移り、2008年からは研究開発におけるCMC部門のグローバルヘッドを担当。2015年11月、Chiesiグループの希少遺伝病治療用組換え酵素の開発・生産会社、Zymenex A/Sホールディングのマネージング・ディレクターに就任。
2018年10月、Paolo PatriはCTO(Chief Technology Officer)としてStevanato Groupに加入。研究開発部門の管理、投資、プロジェクト活動を統括。部門間シナジーを高め、グループのビジョン実現に向けて組織を率いている。

Dal_Lago_Marco
Dal_Lago_Marco
Marco Dal Lago
Chief Financial Officer
+ バイオ - 経歴を隠す

Dal LagoはStevanato GroupのCFO(Chief Finance Officer)であり、グループの管理、財務、統制活動における組織構築、統括、保証を担当しています。2020年1月にStevanato Groupに入社する以前は、コントロール、財務、総務、リスク管理の分野で20年以上の経験を持ち、多国籍企業にて年次計画策定とM&A のプロセスコーディネートを担当しました。カフォスカリ大学で経営学の学位を取得。