search img
Stevanato Group、Bexson Biomedical、オンボディ型デバイスによる精神疾患分野の治療に向け協力関係を拡大 - Stevanato Group
Home - Stevanato Group > News & Events - Stevanato Group > Press Releases - Stevanato Group > Stevanato Group、Bexson Biomedical、オンボディ型デバイスによる精神疾患分野の治療に向け協力関係を拡大 - Stevanato Group
page-wrapper

4月, 29 2022

Stevanato Group、Bexson Biomedical、オンボディ型デバイスによる精神疾患分野の治療に向け協力関係を拡大

2022年4月29日、パドバ(イタリア)・サンタバーバラ(USA)- 統合型ドラッグデリバリーシステムの大手であるイタリアのStevanato Group株式会社と、疼痛管理・精神疾患用皮下治療薬(皮下注射薬)の研究開発企業であるBexson Biomedical, Inc. (ベクソン・バイオメディカル株式会社)は、本日、両社の協力関係拡大においての契約締結を発表しました。

今回の契約によりベクソン社は、治療抵抗性うつ病・PTSDなどの幅広い精神疾患分野における新治療薬の開発にStevanato社のウェアラブルデリバリーシステム、カスタマイズ版SG EZ-be Pod®の利用が可能になります。

Stevanato Group、ベクソン両社は2020年から慢性・急性疼痛障害治療に向けたSG EZ-be Pod®のモジュール性の最適化に取り組んできました。SG EZ-be Pod®は、自宅での投与など、さまざまな薬剤や投与データのプログラムが可能な小型のウェアラブル・インフュージョン・デバイスです。この皮下ドラッグデリバリーシステムには、Stevanato Groupの既存技術と医療機器イノベーションにおける幅広い経験が利用されており、ベクソン社特許のケタミン製剤BB106の主力製品です。

ベクソン社の製剤技術は、ケタミン以外にもいくつか低分子化合物との相性が良いことが確認されています。 今回の合意により、両社はそれぞれデバイスおよび薬剤のプラットフォームについて、さらなる共同研究が可能になりました。

これらの技術を組み合わせることにより、静脈内投与による投薬管理の利点の多くが、手技に伴う精神的な負担や高費用がかからずに実現することになります。サイケデリック化合物の経口投与は、消化管の不快感や長く高価な治療セッション、そして、多くは反応変動につながります。皮下投与は、多くの低バイオアベイラビリティに関連した問題への対処が可能です。この方法ではサイケデリック心理療法のようなオフィス環境においてのリアルタイムでの用量適合も可能になります。

「ありがたいことに当社パートナーには、ケタミン製剤についてだけではなく、当社製剤技術が最適化した他薬剤に対する知識と技術があります。二社の協力によって今後、実現できることはまだまだたくさんあるでしょう。今回のパートナーシップは疼痛管理やメンタルヘルスにとどまらず、驚異的なほどの重要な治療法多数に適用できるダイナミックな低分子デリバリーシステムを実現させることになるはずです」‐ジェフリー・ベッカー医学博士、Bexson Chief Scientific Officer(最高科学責任者)

「ベクソン社との協力関係の拡大は、受賞歴を持つThe SG EZ-be Pod®のモジュール性を発展させ、多様な治療分野において患者さんのニーズへの対応を趣旨としています。当社のウェアラブルデバイスの幅広い治療分野への拡張は、QOLを低下させる精神疾患、慢性疼痛の患者さんに効果的かつ快適な治療を提供することにつながります。また、ペイシェント・センターを掲げるEZ-be PODの使用では、クリニックや病院以外でも、より柔軟に薬物療法が可能です。ベクソン社との提携は、製薬会社やバイオテクノロジー企業が抱える治療費削減という持続可能性のニーズに対して応えるものでもあります」‐マウロ・ストッキ、Stevanato Group CBO(最高業務責任者) 

***

Bexson Biomedical, Inc. (ベクソン・バイオメディカル株式会社)は、疼痛管理・精神疾患用ケタミン療法であるBB106の研究開発企業です。120億ドル規模の市場である術後痛は、オピオイドの乱用と中毒の主要な原因でもあります。 同社はまた、サイケデリック・非サイケデリック化合物用に特許のデリバリー・プラットフォームを利用しています。同社についてはこちらをご覧ください:www.bexsonbiomedical.com

Stevanato Groupについて

1949年設立、Stevanato Groupは製薬、バイオテクノロジー、ライフサイエンス業界向けガラス包装資材、ドラッグデリバリーシステム、診断薬用デバイスを取り扱うグローバルメーカーです。当社は、開発、臨床、商業生産の各場面において、医薬品のライフサイクル全体にわたる顧客ニーズに応える製品、プロセス、サービスを統合したEnd to Endのポートフォリオを提供しています。科学研究開発、技術革新への取り組み、卓越したエンジニアリングの能力を核として、クライアントに付加価値のあるソリューションをお届けしています。

詳細についてはこちらをご覧ください

Lisa Miles, lisa.miles@stevanatogroup.com

Media Stevanato Group, media@stevanatogroup.com

将来の見通しに関する記述
本プレスリリースには、将来の見通しに関する記述が含まれている場合があります。これらの将来見通しに関する記述の一部には、「見込む」「計画中の」「意図した」「確信する」および同様の表現(またはその否定形)が用いられています。これらの将来予想に関する記述には、特に当社が受領を予定する投資、生産力の拡大、米国市場における当社の地位に関する計画、事業戦略、将来の市場需要への対応または将来の公衆衛生上の緊急事態に対応を図る当社の機能力、および業績に関する当社の意図、確信または現在の期待に関する記述が含まれます。今回のプレスリリース記載の記述は、当社の現在および将来的な事業戦略や事業環境に関する多くの前提に基づいたものです。この記述は、将来発生する可能性のある事象に関連し、または発生しない可能性のある状況に依存するため、既知および未知のリスク、不確実性、偶発性を内在しており、当社の実際の業績、パフォーマンス、または成果が、当該記述によって明示的または黙示的に示されたものとは異なる可能性があります。これらのリスクおよび不確実性の多くは、将来の市場環境、為替変動、他の市場参加者の情勢、規制当局による法令、そのほか、流動性ニーズを満たすための資金調達を継続的に行う能力、当社が事業を行う政治的、社会的、規制的な枠組みの変化、または経済的もしくは技術的な傾向や状況など、当社が制御または正確な判断ができない要因によるものです。特に、米国資本市場の状況、世界経済状況の悪化、当社の事業悪化の可能性、規制上の不都合な展開など、多くの潜在的な重要要因により、現在予定されている期間内での新規株式公開のとりやめ、または公開そのもののとりやめを決定することもあります。したがって当記述を目にする関係者各位におかれましては、これらの内容、特に契約や投資の決定に関連するものに過度な信頼は控えていただきたいと存じます。当社は法律上の義務以外において当該記述の更新義務を負わないものとします。

Press contacts

Finsbury Glover Hering
U.S. Lead
Kal Goldberg
Ph: +1.917.741.1013
U.S. Lead
Rowley Hudson
Ph: +1 917 751 3889
Europe Lead
Ed Simpkins
Ph: +44.7947.740.551

Press contacts

Finsbury Glover Hering