Stevanato Group 目視検査機の検出性能強化のため人工知能(AI)プラットフォームをスタート - Stevanato Group
search img
Stevanato Group 目視検査機の検出性能強化のため人工知能(AI)プラットフォームをスタート - Stevanato Group
Home - Stevanato Group > News & Events - Stevanato Group > Press Releases - Stevanato Group > Stevanato Group 目視検査機の検出性能強化のため人工知能(AI)プラットフォームをスタート - Stevanato Group
page-wrapper

2月, 23 2021

Stevanato Group 目視検査機の検出性能強化のため人工知能(AI)プラットフォームをスタート

ディープラーニングモデルと安全なクラウド型技術を統合することで、製薬会社は最大99.9%の欠陥検出精度を達成することができます。マシンのライフサイクル期間中は専任のチームがお客様をサポートします。

 

2021222日 ピオンビーノ・デーゼPD– 医療用ガラス一次包装およびドラッグデリバリーデバイス製造大手であるStevanato Groupは、ディープラーニングモデル(DL)をベースとした人工知能(AI)プラットフォームの提供を開始しました。これは自動目視検査機に人間のような意思決定の利点を活用したものです。このプラットフォームにより製薬会社はこれまでの検出率、本人拒否率(FRR)間のトレードオフを克服でき、安定した同規格品が確保されます。探傷検査、外観上の欠陥検出ともに99.9%の精度が得られ、FRを10分の一に減らして検出率を向上させます。

ディープラーニングは、製薬会社が医薬品の完全性の維持と同時に高い生産性を望めるため、特に検査が困難なバイオ医薬品や高額なバイオ医薬品に適しています。現存のビジョンツールでは懸濁液状、固形凍結乾燥状などの薬剤が欠陥と推定される誤認識がよく起こります。例えば従来のシステムでは外観上の欠陥や気泡は粒子として誤分類されることがあります。AIは誤分類を軽減しコストのかかる再検査を削減します。

マイクロソフトとの提携により、Azureエコシステム、マシンラーニング、AI機能採用の結果、Stevanato Groupは、検査性能の向上と再検査に伴うコスト削減を図り、厳格な医薬品データ管理とセキュリティ要件に準拠した "スマート "な機器を提供していきたいと考えています。認定のクラウド型のプラットフォームは、米国CFR 21 Part 11およびEU GMP Annex 11に準拠しており、データインテグリティのニーズを満たし、モデル性能評価のためのヒートマップや混同行列などの高度なモニタリングツールを提供しています。

新技術の投入は通常、社内プロセスを適応させ、時間と人材を投資しなければならず、製薬会社には困難な場合があります。最新のデジタル開発と優秀なビジョンおよびAIエンジニアのチームのコンビネーションが、画像収集からモデル検証までのタスクを継続的にサポートし、専用の正確なデータ分析サービスを提供します。

ラファエル・ペイス/ラファエレ・パチェRaffaele PaceStevanato Groupエンジニアリング担当副社長/ヴァイスプレジデント・オブ・オペレーションズ:「最新のAI技術を搭載した検査機をお客様にご提供でき、うれしく思います。これは難易度の高い薬剤であっても欠陥検出精度を大幅に向上させます。当社のテクノロジープラットフォームとしてMicrosoft Azureエコシステムを採用した結果、最高水準のデータセキュリティのもと、実績のあるソリューションを提供できます。熟練した目視検査エンジニアとビッグデータ解析の専門家の賜物は、人工知能の導入から運用期間中の継続的なサポートまで、お客様をサポートいたします。」

 

AIプラットフォームの主な特徴:

  • クラウド型: データがオンライン上に残り永続的に利用可能.画像、データ保存の認証クラウド型プラットフォームは 任意のクラウド型システムとの連携が可能なためオペレータはサーバー保存の画像管理も可能。

  • セキュリティ: 米国CFR 21 Part 11およびEU GMP Annex 11に準拠のプラットフォームでは、完全に安全な環境下にデータ共有が可能. さらに、多要素認証(マルチファクタ認証)と暗号化された通信による完全アクセス制御、データセキュリティを保証。

  • サポート: プロセス全体のすべてのプラットフォーム機能を継続的にサポート、分類、新レシピ開発のタイミングを最適化するためのラベリングツールなど、製薬会社のさまざまなタスクを支援。

  • モニタリング: プラットフォームは、モデルの性能評価のための幅広い統計と可視化(ヒートマップ、混同行列など)が特徴.製薬会社は、リアルタイムレポートを通して全プロセスの追跡・監視が可能。

 

 

Stevanato Groupについて

Stevanato Groupは1949年設立、医療用一次包装資材のデザイン、製造を手掛ける世界屈指の民間のメーカーです。設立当初から高品質を誇る独自のガラス成形技術を開発してきました。グループは、バイオ医薬品・診断薬業界に特化した幅広い技術を有しています。歴史あるオムピブランドではガラス容器、高精度プラスチック診断・医療用部品、ドラッグデリバリーシステムの受託製造、目視検査システム、アッセンブリ、パッケージング装置などの製造を行っています。

当グループはまた、容器の密閉性、ドラッグデリバリーデバイスへの統合性を研究するための分析・試験サービスを提供し、薬品開発プロセスを合理化しています。ワンストップショップとしての独自のアプローチにより、Stevanato Groupはバイオファーマ企業に幅広いソリューションを提供、市場投入までの時間短縮と総コストの削減を実現させます。

Press Contact

Turchette

Christopher Dale
Director of PR and Communications

email: cdale@turchette.com