EZ-fill®プラットフォーム - Stevanato Group
search img
EZ-fill®プラットフォーム - Stevanato Group
Ready-to-use の医薬品ガラス一次包装容器(バイアル、カートリッジ、シリンジ)は、医薬品の製品化までの時間と総所有コストを削減することができます。
Home - Stevanato Group > Offering - Stevanato Group > ガラス一次包装資材 - Stevanato Group > EZ-fill®プラットフォーム - Stevanato Group
page-wrapper

SG EZ-fill®の利点

近年の製薬業界では、製薬会社は総コスト削減のために、薬剤の開発などの中核となるプロジェクトに集中し、また限られたパートナーとの協業を行うことで情報の統制を図る傾向が増えています。ガラス一次包装資材に関して言えば、SG EZ-fill®はこのようなソリューションに大変有用なラインナップであり、業界のスタンダードになりつつあります。

フレキシビリティ

製薬業界の傾向として、従来のトップダウンモデルでの薬剤大量生産ではなく、市場の要望に対応した少量生産等、柔軟な適応力が求められています。その際、薬剤の安全性や効果がより一層重要になります。

SG EZ-fill®はReady-to-Fillプロセスによって、複数の製品ラインを使用することができ、またフィルフィニッシュプロセスにおける共通性が活用いただけます。

総所有コストの削減

SG EZ-fill®はカスタマイズ性に大変優れており、ネスト/タブおよびトレイの2種類のパッケージング構成があります。 SG EZ-fill®は共通の滅菌・洗浄工程を行うので、マルチ・プロダクトラインを利用することにより、異なる容器を共通のラインでお使いいただくことができます。

市場投入時間の短縮

Ready-to-useのバイアルやカートリッジを利用することによって、従来の医薬品やバイオ製剤等の薬剤が即充填可能になり、製品化までの時間を短縮することができます。

臨床試験と商用段階、双方に最適なソリューション

品質の向上:患者様の安全性

容器の設計と製造は、患者様の安全を第一義としています。オムピのSG EZ-fill®は、二次包装の中でガラス同士の接触しない設計になっています。また、バッファー/インフィードの際の容器の完全性を最大化します。

これにより、破損や外観上の問題、パーティクル発生リスクを効果的に軽減できます。 また、検査のための生産停止やリジェクト率を劇的に減らすことができるため、生産性やパフォーマンスの両面で大きな利点がもたらされます。

SG EZ-fill®のハイライト

過去12年間にわたり、SG EZ-fill®パッケージングテクノロジーに適応した250以上のラインが市場に設置されました。 SG EZ-fill®は、世界の主要なガラス一次包装サプライヤーによって採用され、市場で最もスタンダード化した二次包装となっています。

Ready-to-useクロージャーおよびパーツの主要プロバイダーとの緊密な協業により、製薬会社は破損や外観、パーティクルの発生などの懸念を解決し、医薬品開発等の中核となる活動に集中することができます。

EZ-ガイド

無菌製造のための技術とサービスを提供する企業の幅広いネットワーク

Interested in SG EZ-fill platform?
Submit your request